医療の未来を考える ~加藤浩晃の医療未来予報~ 

医療の未来はどうになっていくのか、そして医師の未来はどうなるのか。AIやIoTなどの第4次産業革命のテクノロジーによって医療現場は『医療4.0』として大きく変わります。その時に医師はどのようなキャリアや働き方をしているのかなど、未来に向けて考えていることを書くブログです。

いい医師人生について考える

f:id:HiroakiKato:20190506124653p:plain

今日はちょっと壮大なタイトルを。

最近、ランチでよく行く定食屋さんがあって、そこの大将と仲良くなったんですが、大将は75歳で約50年間お店を続けているとのこと。

自分は3代目だということなのですが、元々は魚屋で、自分の代から定食屋さんに変えたとのことです。

その頃、高度経済成長のときで、会社の2階に社員を住み込ませて働いてもらうことが周りで増えていて、そのような単身の人に定食屋は流行るだろう・特に元魚屋がやる焼き魚や刺身の定食屋さんはニーズに合っていると思って、周りの反対を押しのけてお店の形態を変えたとのこと。

そのときは自分以外に誰も賛成者がいなかったけど、それから周りにたくさんあった魚屋は街がオフィス街になるにつれてつぶれていって、自分の定食屋さんだけが50年間もっているということです。

ダーウィン

「最も強い者が生き残るのではなく、 最も賢い者が生き延びるのでもない。 唯一生き残るのは、変化できる者である。」

という名言を残しているのですが、今回言いたいのは「変化」が必要だということではなく、「納得した人生を送れるか」ということ。


大将の言葉でとても印象的なのは、

「定食屋さんになってお客さんとこうやって話せて良い人生を送っているよ」

という言葉。


自分もこのブログのプロフィールに

>2024年の医師の働き方を勝手にチャレンジしています。

って書いたように、医師のいろいろな可能性に対してチャレンジしているんですが、
たぶんやらなかったら、死に際に「いい医師人生だった」って言えないかもしれないって思っています。

明日死んだとしても後悔しない「いい医師人生」の連続が一生になるのではないかな。


「変化」という言葉をいいことに色々としたい人はすればいいし、みんなが自分の思う「医師」像を持って、「いい医師人生」に向かえばそれでいいと思います。

ただ、自分の「いい医師人生」を考えていない人も多いように感じます。

教授や先輩から言われたことを一方的に受け入れるような。

それは時期にもよるのかもしれないのですが、一生それでいいわけはありません。

自分の一度限りの人生、なにが「いい医師人生」なんでしょうか?


考え続ける力と時間のコスパ

f:id:HiroakiKato:20190505111405p:plain

考えています・・・夕食を19時くらいに軽くすまして、そこから4時間以上考え続けています・・・

考えるというか、調べるというか、某論文を読んでいるんだけど、「呪文か!」というくらい、途中の式がなぜそのような形になるのかがわからない・・・

論文は1977年のもので自分が生まれる前だから、40年以上でいろいろな人が研究しているはずで、「わかりやすい解説」とかあったりしないかとネットサーフィンしまくっても、わからず・・・

3行くらいで解説してくれているものは多数見つかるんですが、「俺はこの途中式を理解したいんだー!」って感じなのです。

翻って、GWってこのような贅沢な時間が使えていいですよね。

日常だと、一日何件もアポイントがあって、まとまって一つのことについて考える時間ってなかなか取れません。

今みたいな感じで一つのことに数時間考え続けるって、高校生のときの大学への数学の「学力コンテスト」の問題の解法を考えていた以来で20年ぶりかも。

GWが明けると、もちろん一つのことについて考えることも大事なのですが、「時間のコスパ」として、自分の時給を意識しながら、ここにこれだけの時間を割いても大丈夫か考えながら生活する必要があります。

誰でも平等に与えられているのが「時間」なので。

Time is Life


せっかくのGWなので、一つのことをもうちょっと考え続けさせてもらおうと思います!!

継続するということの大切さ

f:id:HiroakiKato:20190503145629p:plain

GWだということもあるのですが、令和初日からブログを続けています。

ブログは今までもなんだかんだやっていたのですが、ちゃんとしたことを書こうと思って気合いが入りすぎていました。

ハードルを高く思っちゃうと何事もやれなくなっちゃうので、
自分の思ったことを記録する「日記」的な感じでやっていくつもりです。

長縄先生がやっているブログのように1日1行でもいいし、忙しい時はTwitterを貼り付けただけでもいいってマイルールです。笑

ちなみに今日投稿したTwitter

 

久しぶりにある本を読み返したんですが、昔読んだ(2017年1月2日の福井から東京に戻ってくる新幹線の中らしい)にもかかわらず、内容を全く覚えていませんでした。

そのため新鮮な気持ちで読み直しができたんだけど、その内容がまさに今の自分のために書かれたんじゃないかってくらい学びになりまくりました。

この本を再び手に取るのは何かの導きだったのかも。

本棚にたくさんある本の中から1冊手に取った本が、自分の人生に影響を及ぼすっていうのが面白い。

そして、今まで読んでいなかった本も、読んだ時にピンとこなかったのに残している本も、その本が本当に必要な時に手に取ったりすることが多いのが、めちゃくちゃ面白い!!

偶然の本との出会いが人を変える。

勉強し続けるということ

f:id:HiroakiKato:20190503143856p:plain

今日、こういうツイートをしました。

 

自分にも苦手なことが山のようにあるのですが、「苦手なことは時間をかけてもコスパが低い」と思って手を付けなかったりしました。

今、流行りの考え方?である「得意な人に任せたらいい」っていう言い訳をして、逃げていたといっても過言ではないかもしれません。

人間は弱いもので、大変だと思うと辞めちゃう方向に力がかかりますし、なかなか続けることもできません。

ということで、「世の中は得意な人がいるので得意な人に任せておこう」という結論を自分も出していたわけです。

ただ、ちょっと前、何気なくその人の日々の予定を知る機会があったのですが、聞いてみると、「本人も得意ではないが、毎日やると決めてスケジュールに入れている」とのこと。

毎日(少しでも)やっているんだ!という衝撃に加え、その人の性格もあるとおもうのですが、陰でめちゃくちゃ努力をしていたりして、大衝撃でした。

「できないのではなく、やっていないだけ。」

昨年くらいは年を取ったからなのか、立ち上がりの効果が実感しにくい勉強を避ける傾向にあった自分なのですが、
『令和』になったからこそ、種まきの意味も込めて「新しいこと」「避けてきたこと」もやっていきます。

GWの連休はいろいろと自分の生き方について見つめ直す時間が取れて有意義です!

令和になった日に思うこと

f:id:HiroakiKato:20190502002619p:plain

今日から元号が『令和』になりました。

思い返すと、前回の平成への改元のときは、自分は8歳くらい。

あれから色々なことを経験したなと。


もちろん中学・高校・大学・医師としての社会人生活が含まれる30年なので、いろいろなことを経験してきたのは当たり前なのですが、

自分の根幹となる経験や考え方を獲得した30年でした。


令和となり、改めてなのですが、守破離でいうところの「破」や「離」をやっていかないといけないなと思っています。


今までの常識を疑う。

見ないふりをしていた今までの枠組みを壊し、新たに作り直さないといけないところもあります。


体調が悪くて病院に来ている人がいる中での病院の長い待ち時間。

そして、予約とは名ばかりの病院での予約時間。まったく時間通りに診察が始まりません。


医療現場はまだまだまだまだ課題がたくさん積もり積もっています。


今から色々と決断をしていく中で、その決断が良かったかどうかは、たぶんすぐにはわからないかもしれない。

時代が後からついてくるのかもしれないけど、
自分の選択に悩むのではなく、むしろ自分の選択を正解にするように動いていかないとならない。


使い古された言葉だけど、

「今日はこれからの自分の人生の中で、一番自分が若い日。」


NewsPicksのマンスリープロピッカー特集はUnder30だったりしたけど、

もう年齢で評価が代わる時代じゃないんじゃないかな。


年齢は実年齢だけじゃない。

今から30年たって60歳代になっても今の挑戦していく気持ちを忘れずにいたい。


令和は自分たちの時代に。

Happy New Era !!

2018年、個人的10大ニュース!!

年末も押し迫ってきています!

今年もいろいろなことがありました。
昨年同様に2018年の個人的な10大ニュースを一挙に発表していこうと思います!!

ちなみに昨年はこちら

hiroakikato.hatenablog.jp





ということで、カウントダウン形式で第10位から!



【第10位】Forbes JAPANに掲載!たくさんの取材を受けた!!

f:id:HiroakiKato:20181231055032p:plain


今年はありがたいことに、たくさんの取材やインタビューをして頂きました!

その中でもずっと読んでいた大好きな雑誌の一つ「Forbes JAPAN」に取材してもらって、ポーズを決めて写真撮影もしてもらったのはとても貴重な経験でした!!

そして、たくさんのインタビューや取材を受けている中で、医師として「医療ベンチャー」に関わる道は異端と考えられていたものが、
少しずつキャリアの一つとして受け入れられてきているのも感じました。

◎【Forbes】医療4.0の著者が明かす「次世代の主流」となる変革者の条件

forbesjapan.com


◎【m3】眼科医、医系技官、そして医療AIベンチャー

f:id:HiroakiKato:20181231060337j:plain

https://www.m3.com/news/iryoishin/637867

◎【coFFee doctors】未来の医療を創る人をつくる!元行政官・現役眼科医の取り組み

coffeedoctors.jp


医師のキャリアの一つとして、医療ベンチャーを起業したり働くことがどのようなものかを2019年はさらに伝えられたらと思っています!



【第9位】堀江貴文さん(ホリエモン)と対談!!

f:id:HiroakiKato:20181231062511j:plain

9位はとてもミーハーな話題です!笑

堀江貴文さんが主宰している「予防医療サロン」のゲストとして、産婦人科医の三輪先生とともに堀江さんとの対談をさせてもらいました!

f:id:HiroakiKato:20181231092449j:plain


これはもともと9月30日に近畿大学での『ホリエモン万博 大阪秋祭り』にゲストとして呼んでもらって行われるはずだった対談なのですが、
台風のためホリエモン万博が急遽中止になって、12月に東京での対談となりました。

f:id:HiroakiKato:20181231063333p:plain
f:id:HiroakiKato:20181231063353p:plain


これでうれしかったことは、なにより堀江さんが
松井大阪府知事や吉村大阪市長ひろゆきさんやZOZOの田端さんと同じように自分をホリエモン万博のゲストとして呼んでくれたこと。

対談で話した内容としては、
・現在アイリスで取り組んでいる「インフルエンザ診断支援AI医療機器」
・遠隔医療で日本でできることできないこと
・12月6日に承認されたClassⅢのAI診断支援医療機器
などなど、医療AIと遠隔医療のいいとこどりの話をしていました。

大きい会場で講演をしたり登壇しても全く緊張しない自分が、久しぶりに緊張しながら対談をしたので、今年とても印象に残った出来事でした!



【第8位】日本眼科学会の次世代医療戦略会議委員に就任!

f:id:HiroakiKato:20171230231757j:plain


昨年の個人的10大ニュースでも8位で取り上げた話題ですが、日本眼科学会の戦略会議の委員に2018年1月から就任しました!

戦略会議の内容としては「次世代医療(AI、ビッグデータ、遠隔医療)」で、
今年やっていたこととしては、日本眼科学会がAMEDの研究費として獲得した「診療画像データベースの構築事業」を日本眼科学会としてどうするかを考えて進めていました。

京都大学眼科で同時期に行政に出向をしていた三宅正裕先生(@eyemiyake)と、とても画期的な方法を考えていて2019年には発表ができるんじゃないかと思っています!!

f:id:HiroakiKato:20181231061742p:plain


自分たちのような若者に眼科業界のオフィシャルデータベースや構想などをを考える機会を与えてくれる日本眼科学会に本当に感謝です!!




【第7位】経済産業省J-Startupの推薦委員に就任!

f:id:HiroakiKato:20181231064849p:plain

就任系が続きます!

今年の2月に、グローバルで活躍するユニコーン企業を創出しようという経済産業省のプログラム「J-Startup」の推薦委員となりました!

推薦委員として名だたる方々に混じって、世界で戦えるスタートアップ、自分は特に医療・ヘルスケア領域のスタートアップを推薦させてもらっています。


あとJ-Startupでは、自分が医療ベンチャー支援として2014年に立ち上げた法人
「一般社団法人iEducation」も、名だたる大企業に混じってサポーター企業となっています。

f:id:HiroakiKato:20181231070101p:plain

https://www.j-startup.go.jp/supporters/


なかなか他の業界からはわかりにくい医療業界、医療業界の中にいてもわかりにくい医療制度など、”医療業界にinnnovation”を起こす「前提」として知っておかないといけない知識がたくさんあると思っています。

知識を共有することで解決できるところは解決して進んでもらいたいという想いがあるので、医療イノベーションに関連した知識を共有しようと立ち上げたiEducationの活動も2019年にさらに少しずつ広げていけたらと思っています。



【第6位】厚生労働省 医療ベンチャー支援(MEDISO)アドバイザーに就任!

f:id:HiroakiKato:20181231072251p:plain

就任系が続きました。笑

厚生労働省が医薬品・医療機器・再生医療製品の実用化をしようとしている人やベンチャーを支援する「医療ベンチャー・トータルサポート事業(MEDISO)」を今年の3月から始め、設立時からアドバイザーとして就任させてもらうことになりました!!

医薬品・医療機器・再生医療製品の中で、自分は「デジタルヘルス」領域の相談を受けることが多く、
・ソフトウェア医療機器に該当するかどうか
・サービスは医療行為に該当するか
・医療機器でないサービスの場合にビジネスモデルとしてどうか
・資金調達先としてどのようなところを考えたらいいか
などを聞かれています。

相談者は無料で専門家に相談にのってもらえるので、相談までの時間がかかっても(2か月弱でも)大丈夫という人ならとてもいい事業だと思っています。

また、今年10月にはジャパンヘルスケアベンチャーサミットでMEDISOアドバイザーとして
『医療AI』のセッションのモデレーターとして登壇もさせてもらいました!

f:id:HiroakiKato:20181231093356j:plain
logmi.jp

2019年も引き続き日本橋のLINK-Jで「医療AI」のイベントなどを行っていく予定になっています!! 



では、やっと折り返し地点です!次は第5位!!



【第5位】「ヘルスケアビジネス研究会」が1周年&メンバー200人突破!!

f:id:HiroakiKato:20181231074520p:plain

加藤浩晃(かとうひろあき) - ヘルスケアビジネス研究会(予防・健康増進、医療、介護) - DMM オンラインサロン

 

lounge.dmm.com


2017年8月から始めたオンラインサロン「ヘルスケアビジネス研究会」が9月に1周年を迎えて、10月には1周年記念講演を自分のお師匠である守屋実さんにしてもらいました!!
過去最大の70名以上が参加!!

f:id:HiroakiKato:20181231074804j:plain
hiroakikato.hatenablog.jp


勉強会は本当に自分がその時に学びたいことを講師の先生に来てもらって講演してもらうのでとても楽しい!!

9月の布施先生による「ストレングス・ファインダー」はとても印象に残った!(この後、布施先生は各所でストレングスファインダーの講演をされることに!)

medicalstartup.jp


また、11月の立命館大学大学院の轟先生による「医療AIの現状と可能性」の講演も、
その後に轟先生がスライドを公開したらとんでもなくバズっていました!!

f:id:HiroakiKato:20181231075656p:plain

AI×医用画像の現状と可能性 - Speaker Deck


ありがたいことに審査制にもかかわらず、サロンメンバーも200名以上になりました。

勉強会のときだけでなく、オンラインでも有益な形で交流ができないかと考え中です。

lounge.dmm.com



ちなみに2019年の勉強会についても少しずつ決まってきています!こうご期待!!

 


【第4位】オンライン診療に診療報酬が算定!!

f:id:HiroakiKato:20181231080850p:plain

2018年は診療報酬改定がありました。

そして、その目玉の一つとして、オンライン診療に「オンライン診療料」をはじめとする診療報酬が算定されました。

もちろん、ブログでも診療報酬の発表後すぐに要件をまとめました!

hiroakikato.hatenablog.jp


ただ、ご存知の通り、オンライン診療の診療報酬の要件は現状のオンライン診療にあったものではなく、なかなか現場でオンライン診療が使いにくいものになってしまっています。

遠隔医療学会でのシンポジウムの発表もそのような話をしたところ、日経デジタルヘルスで取り上げてもらいました。

tech.nikkeibp.co.jp


また、遠隔医療学会の講演はMEDIFAXという厚労省の時によく読んでいた医療行政の業界紙でも取り上げてもらって、期せずしてMEDIFAXデビューもしました。笑

mf.jiho.jp


オンライン診療に関する診療報酬の要件は、まだまだ現場の状況を伝えて変えていく必要があるところなので、2020年の診療報酬改定に向けて2019年は正念場で、頑張っていきます!!



【第3位】デジタルヘルスラボに大学院生16名&デジタルヘルス学会が大盛況!!

f:id:HiroakiKato:20181231081949j:plain


自分が客員教授をしているデジタルハリウッド大学大学院のデジタルヘルスラボ。

2018年は大学院生が16名という大所帯でした!!

人数が多いと活気が違う!!

そして、10月にパシフィコ横浜で開かれた厚生労働省主催のジャパンヘルスケアベンチャーサミットに、デジタルヘルスラボが「事業開発支援施設」としての参加&院生のプロダクトの展示をしました!!

f:id:HiroakiKato:20181231082326j:plain


2017年までは「デジタルハリウッド大学院」と言っても、怪しい大学と思われていたり言われることが多かったですが、
2018年はデジタルヘルス界隈では、デジタルヘルスラボがちょっとした”聖地”みたいに言ってもらえることも多かった!!!

少しずつ活動していることが知られてきています!!

そして12月23日には第2回デジタルヘルス学会 @デジタルハリウッド大学大学院(大会長:五十嵐健祐先生)も大盛況で行うことができました!

f:id:HiroakiKato:20181231082727j:plain

f:id:HiroakiKato:20181231082907j:plain

f:id:HiroakiKato:20181231082954j:plain

f:id:HiroakiKato:20181231083017j:plain

第1回よりさらに盛り上がった今年の第2回、2019年の第3回(大会長:石井洋介先生)はさらにさらに盛り上がるのが確実だと思います。

f:id:HiroakiKato:20181231083301j:plain


第3回デジタルヘルス学会学術大会は2019年12月22日(日)です。
今からでも日程の確保をぜひ!!

自分は2021年12月の第5回に大会長の予定なんですが、その時にはかなり大きい学会になっていそう!!!




【第2位】アイリス株式会社が1周年!!

f:id:HiroakiKato:20181231083805j:plain


インフルエンザを、のどの画像で判別するAI診断支援の医療機器を開発している「アイリス株式会社」を2017年11月に創業してから、1周年になりました!!

aillis.jp


hiroakikato.hatenablog.jp


ちょうど1周年のときのブログにも書いたのですが、1年前には沖山先生と自分の2人だけだった会社が、今は20人以上の素敵な仲間とともに医療機器開発ができていてとても充実した時間を過ごしています!

AI診断支援の医療機器という新しい分野なので、厚生労働省やPMDAとともに話し合いながら、臨床研究と治験を通じて適切な形で医療機器を医療現場に届けようとしています。
2020年の冬に医療現場で使ってもらえるようにするために、日々精進中です!!




そして、栄えある第1位は・・・




【第1位】『医療4.0 ~第4次産業革命時代の医療~』の発売!!

f:id:HiroakiKato:20181231055232j:plain


2018年は何といっても自分の中で一番大きかった出来事は『医療4.0』の出版でした!!

第4次産業革命とされるAI、IoT、ビックデータ、ロボティクスなどのテクノロジーによって、これからの社会は大きく変わっていく。
その時に医療現場が変わらないわけがなく、第4次産業革命時代の医療を『医療4.0』と呼んで、その未来を見て動き出している30人のイノベーターに未来の展望を話してもらいました。

本はとても多くの人に読んでもらって、多くのところから感想をもらってとてもありがたい。
この本は未来の医療のことを話し出す「きっかけ」になってもらえたらと思っています。


そして、執筆陣にもとてもいい効果が。

今までももちろんイノベーター同士で仲が良かったり知り合いだった30人なのですが、この本をきっかけに、さらにつながりが強固になりました!!

f:id:HiroakiKato:20181231090449j:plain

f:id:HiroakiKato:20181231090505j:plain

出版したときに登場する30人の医師だけで飲み会を行ったり、

そこで日経BP社からサプライズで、本の表紙の絵のケーキを送ってもらったのはとても感動でした!!

f:id:HiroakiKato:20181231090539j:plain


また、千葉大学病院で『医療4.0FES in Chiba』を行ったり!

f:id:HiroakiKato:20181231090832j:plain


f:id:HiroakiKato:20181231090635j:plain


その他にも

◎デジタルヘルスDAYSで『医療4.0』イベント
tech.nikkeibp.co.jp
◎日経メディカルで『医療4.0~第4次産業革命時代の医療~』の連載

f:id:HiroakiKato:20181231085630p:plain
日経メディカル Online 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜


などなど、たくさんの関連イベントを行わせてもらいました!

また

日経新聞の「読書短評」

f:id:HiroakiKato:20181231085952j:plain


日経新聞の新聞広告

f:id:HiroakiKato:20181231091431j:plain


という、普段読んでいる日経新聞に『医療4.0』が載っているというとても刺激的な体験もしました!

本にしてよかったことは、本当に多くの人に読んでもらえたこと。

ただ、イノベーターの医師はここで登場した30人以外にもまだまだいます!

さらになんらかの形で、この『医療4.0』の本で紹介できなかったイノベーターも今後紹介をしていきたいと思っています!!





今年も、一気に書いていたらめちゃくちゃ長いブログになっていました。

2018年も今まで以上に本当に多くの人に助けてもらい、「今までの人生で一番の1年」を更新しました!!
お世話になった方々、本当に本当にありがとうございます。

2019年も自分が培ってきたことを社会に還元して「社会を健康にする」ことをミッションに、動くだけではなく、しっかり成果を出す1年にしたいと思っています。

これからもよろしくお願いいたします!

長文を最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!!!


f:id:HiroakiKato:20181231100633p:plain




アイリス株式会社の1周年記念!!!

f:id:HiroakiKato:20181115021030j:plain

本日11月14日で、Aillisが始まって1年です!!

 

1年前には沖山先生と自分しかいなかったアイリスが、1年たった今は20人以上の素敵な仲間に囲まれています!!

また、オフィスも10月末から有楽町になりました!
自分の大好きな有楽町にオフィスを構えることができるなんて嬉しすぎて、有楽町に引っ越しして環境最高で仕事ができています!!


本当にまだ1年とは思えないスピードで医療機器を開発していて、2019年初旬には治験もしますし、インフルエンザ診断支援AI医療機器を、早く世の中に届けたいと思っています!

そして公表できないのですが、今日はこの機器開発においてとてもうれしい知らせが!!
まだまだ目指す道は険しいですが、必ずやり遂げたい!!

 

アイリスはまだ1歳ですが、これから2歳、3歳と続いていって、社会を良く・健康にしていきます!

引き続きよろしくお願いいたします!!!