2024年、医師の未来を考える

遠隔医療やAIなど様々なテクノロジーが当たり前になる未来、医師はどのようなキャリアや働き方をするのだろう。                     2024年の医師の生き方を勝手に先取り&模索した記録です。

眼科未来『予報』。人工知能がある医療現場の未来とは?

今週末はお茶の水のソラシティで行われた眼科の勉強会で、人工知能のセッションに呼ばれて講演をさせて頂きました!「第2回 眼科・形成外科仮想ライブサージェリー&セミナー」という勉強会です。 (注:ポスターには遊び心がありますが、全国から開業医を中…

7月29日の朝日新聞に遠隔診療のコメントを掲載して頂きました。

遠隔診療の正しい啓発と適正推進のために、出来る限りメディアには協力をさせて頂いています。 「遠隔医療」や「遠隔診療」ってググると、色々な記事が書かれていて、 それを当然読まれてからメディアの方も問い合わせいただくのですが、 前提で読まれたウェ…

耳鼻科でできる遠隔診療とは? 仲良しの耳鼻科専門医とLINEで議論した!

先日、仲良しの耳鼻科専門医と耳鼻科でできる遠隔診療について議論をしました。遠隔診療の本題に移る前にまず、自分は遠隔診療の話の前提として3つの共通理解が必要だと思っています。 ざっくり言うと、遠隔診療と対面診療とどっちがいいとかって話はナンセ…

医療✕テクノロジーの未来について話した動画が公開されました!

先月に開かれたG1ベンチャーのセッション 「テクノロジーが実現する医療イノベーション」で モデレーターをさせてもらった動画が公開されました! 今をときめくヘルスケアビジネス企業の代表の 株式会社メドレー 豊田剛一郎先生 MRT株式会社 馬場稔正社長 株…

【厚労省】2017年7月14日通知「遠隔医療について」の正しい内容

遠隔医療に関する新しい通知に関して正確さに疑問がある情報が世の中に出回ってしまっています。「禁煙外来の完全遠隔診療解禁」とか「通知で初診から遠隔診療がOKになった」(これに関しては今までもOKです)とか。 間違った遠隔診療の通知内容に関して自分…

2017年7月14日、遠隔診療の新たな通知が発出!適切な遠隔診療の推進とは?

未来の医療として、遠隔診療があるとは思いませんか? 遠隔診療はPCやスマホの画面を通して、直接会うことができない患者さんとリアルタイムにつながって診察することができる診療スタイルです。 元々遠隔診療は1997年(平成9年)に厚生労働省から通知が出て…

2024年に医師余りの時代が来るかもしれない?!模索した記録を残すために。

はじめまして。眼科医をしている加藤浩晃といいます。 自分は卒業して10年間、眼科で手術をしたり外来をしたりして過ごしていました。 昨年、大学から厚生労働省に出向しないかと言われて、2016年4月から1年ちょっと厚生労働省に出向をしていました。 厚生労…