医師の未来を考える ~加藤浩晃の医療未来予報~ 

医療の未来はどうになっていくのか、そして医師の未来はどうなるのか。AIやIoTなどの第4次産業革命のテクノロジーによって医療現場は『医療4.0』として大きく変わります。その時に医師はどのようなキャリアや働き方をしているのかなど、未来に向けて考えていることを書くブログです。

年始のメールから感じた、時代が変わる足音

f:id:HiroakiKato:20180104202338j:plain

 

今日は、時代が変わりつつあるなぁという話題。

もう10年近くお付き合いをしている医療法人の事務長さんから新年のご挨拶&質問のメールが来ました。



明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します

ビットコインについてご相談させて頂きたく、連絡させて頂きました。

ビットコイン”に投資する際に信頼性の高い発行元についてご教示頂けないでしょうか。

お手数掛けますが宜しくお願い致します。

今後とも宜しくお願い致します。

 


この質問に対しての自分の返事はあとで載せるのですが、一番驚いたのは、ここまで仮想通貨は広がってきているのか!ということ。

もう感度の高い一部の人だけでなく、ごく一般的に仮想通貨に興味を持ち出し、仮想通貨の話をしているんだということで、とても大きな時代の流れを実感しました!

ちなみに上の質問に応えた自分の返事のメールはこんな感じです。

あけましておめでとうございます!
2018年も何卒よろしくお願い申し上げます!!

いきなりまさかのビットコインの話からでびっくりしました。
「発行元」というのは「取引所」ということでしょうか?

ビットコイン日本銀行券の日本銀行のような発行元がなく、
不特定多数のコンピュータによってマイニングして発行されたものです。
サトシ ナカモトによって提唱された2008年の論文
Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System
」(https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

をもとにビットコインコアという組織によって開発された仮想通貨の一つです。

そのため、おそらく聞かれているのは「ビットコインを始めとする仮想通貨の取引所はどこがいいか?」
ではないでしょうか。

仮想通貨の取引所としてはメジャーなものとして
ビットフライヤー
・coincheck
Zaif
があります。

それぞれ取引できる仮想通貨や取引手数料が違っていて、
株式の証券会社と違い複数の取引所を持つことも多いです。

そして、複数の仮想通貨取引所にするとデータの管理が難しいので
「Coinboard」などのサービスを使って、複数の仮想通貨取引所からデータを自動で取得し、
まとめて保有残高や試算の推移のチェックも可能です。
上で述べたビットフライヤー、coincheck、Zaifはもちろん対応しています。

こんなお返事でいかがでしょうか?

ビットコイン以外で購入する仮想通貨の選び方としては
色々と話すと複雑すぎて難しいんですが・・

加藤浩晃


2018年の仕事初めの日からこんなエキサイティングな出来事が起こって、いよいよ2018年がどこまで時代が変わっていくのか楽しみになってきています!

時代が変わる足音が聞こえます!!!