医療の未来を考える ~加藤浩晃の医療未来予報~ 

医療の未来はどうになっていくのか、そして医師の未来はどうなるのか。AIやIoTなどの第4次産業革命のテクノロジーによって医療現場は『医療4.0』として大きく変わります。その時に医師はどのようなキャリアや働き方をしているのかなど、未来に向けて考えていることを書くブログです。

アイリスはまだまだ何も医療現場を良くできていない。

f:id:HiroakiKato:20190513015221p:plain


昨日のリリースに大反響をもらっています。ありがとうございます。

日経新聞やTech Crunchなどでも記事にしてくださり、多くの方から個人的にメッセージももらっています。本当に感謝です。

日経新聞
 

www.nikkei.com

 
◎Tech Crunch 

jp.techcrunch.com

 
ただ、昨日から「資金調達おめでとう!」と言ってくださる方々にお返事で言っているのは、
「まだまだ自分たちは医療現場に何も価値を届けていないし、ただ、資金を集めたにすぎない」ということ。


調達額が大きいので注目してもらえてありがたいのですが、医療現場を少しでもよくしたいと思ってアイリスを始めて、まだ自分たちは何も医療現場を良くできていません。

自分たちは、医療現場にAIの可能性を広げていくことができればと思っていますし、そのためにまず現在開発している医療機器を届けたいと思っています。

会社のことですし、上場企業も関係していますのでなかなか話せないことも多いのですが、
自分たちは真摯に医療現場を良くすることだけを考えて、進んでいます。


資金にばかり注目が集まってしまったのですが、アイリスが向かっていること、成し遂げようとする未来に対して、信じて、応援してもらえたらとてもうれしいです。

そして、もし、自分たちが甘えや違った道に進みそうなときは、厳しい言葉をかけてもらえたらありがたいです。


会社経営をしていますが、自分たちは大きな意味で「医療」を行っていると思っています。

それは医師としての医療が診察・治療にとどまらないと考えているためです。

医師として、医師法の第1条に書かれているような「社会を健康にする」一助となればと思って進んでいます。

これからも引き続きよろしくお願いいたします!!