医療の未来を考える ~加藤浩晃の医療未来予報~

未来の医療はどうになっていくのか、そして医師の未来はどうなるのか。AIやIoTなどの第4次産業革命のテクノロジーによって医療現場は『医療4.0』として大きく変わります。加藤浩晃が未来に向けて考えていることを書くブログです。

オンライン診療のこれまでの経緯【2021年度版】

最近なのですが、「オンライン診療」についての質問や講演・対談の依頼をもらうことが増えてきました。

 

昨年の4月の新型コロナウイルスが流行しだしたときにはもちろん多く連絡をもらったのですが(返事をするのが大変でYouTubeを見てもらうためにやり出したりした)、さすがにそのときほどではないにせよ、関心が高まっているみたい。

 

いよいよオンライン診療の時代だと思いだしたのかもしれないし、来年の4月に診療報酬改定が控えているからかもしれません。

真相はわかりませんが、「これまでの経緯の話をしてほしい」と言われることが多いので、ちょっとそれについてブログでまとめてみようと思います。

 

オンライン診療の経緯で一番大事なのはルールである

「オンライン診療の適切な実施に関する指針」です。

これは2018年に定められています。(2019年に改訂あり)

 

この指針は保険診療自由診療の両方にまたがるルールで、ルールは時代にあわせて変えていく必要があるので、

オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会|厚生労働省

というのが開催されています。


で、この「オンライン診療の適切な実施に関する指針」が2019年に改訂されて、昨年はコロナで改訂がなかったのですが、

今年の「秋」に改訂が予定されているんです。

(会議の次回開催が11月10日なので、そのときになんらかか発表されそう)

f:id:HiroakiKato:20211106085058p:plain

(2020年12月21日 第13回オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会 資料より)

 

おそらく今までの議論を全く見ていない人も、これから改訂される新しい指針を読めばこの2年の変化が追い付けるはず!

ということで、また指針の改定がされたらポイントとかは書きたいと思っているのですが、ここまで新型コロナの時限的な緩和や初診の話題など、どういう感じでオンライン診療が変わってきているかに関してもっと知りたい方には、これを紹介したいと思います!
 

実は『Medical DX』というWebメディアで、昨年の9月から

 
加藤浩晃先生に聞くデジタルヘルスの現在地 | Medical DX

 

f:id:HiroakiKato:20211106083026p:plain

 

という連載をしてもらっていて、ほぼ毎月のようにインタビューしてもらっています。

インタビューしてくださる2人とはもう1年以上の付き合いになるので、

そこらへんの”オンライン診療の専門家”より詳しくなっていて、正確に記事を書いてくださっています。

最近はデジタル庁や国全体の動きもあわせた話もしています。


==============
一番最近の記事はこちら↓↓↓

medicaldx-jp.com

==============

もしお時間ある方はぜひ!!

 

 

 

*お問い合わせや、仕事のご依頼などはメールからお願いします。

hirokato.manage@gmail.com(メール)


*参加募集中のイベント*

 


*オンラインサロン*

f:id:HiroakiKato:20220101225751p:plain

ヘルスケアビジネスの最新情報や医療者、経営者、投資家などが集うサロン 


メンバー募集中です!

詳細とお申し込みはこちら


*音声配信*

医療の未来や考えていることを話していくチャンネル

 

久しぶりの厚生労働省。対面にあってオンラインにないもの。

f:id:HiroakiKato:20211105205557j:image

今日は久しぶりに厚生労働省での対面ディスカッションでした。

新型コロナウイルスの流行になってから、オンラインでの会議になってばかりで長らく行っていなかった霞が関

入館で身分証を出したり、自分の話す資料を用意していったり、なにより名刺を持って行ったり、「対面で行政に行くとき」のお作法が久しぶり過ぎました!!

 

どんな話をしたかはなんとも言えないのですが、

自分から情報提供もさせて頂いたし、疑問となっていたところも本当に難しいところは難しいんだけど、めちゃくちゃ自分として分かったことも多かったし、

とても有意義な時間でした。

 

医療ベンチャー協会でなのか、タイミングが合わなかったら個人的になのか、

この学びをどこかでしっかり業界に共有しようと思っています。

 

で、今日やはり思ったのは「対面のディスカッションの良さ」です。

 

雑談ができたり、クリエイティブな話に向くというのはよく言われていることですが、

今日は何よりも「人柄」がわかることが良かったと思いました。

 

もちろんZoomでもどんな人なのかはわかるのですが、
対面だと、笑い顔なのか、会話の間なのか、体全体が見えるからなのか
オンラインとは違うんですよね。

もしかすると、個人が発しているオーラみたいなものを近くで集まると感じられるからかもしれません。

 

いずれにしても、本当に今日は厚生労働省の方々と話をしてめちゃくちゃ有意義でした!

「自分が求めらえていること」が40歳にしてやっとわかってきたので、
この調子で年末まで飛ばしていこうと思っています!!

 

能力主義の違和感と多様性。

先日、Twitterでこのようなやり取りをして、ずーっと気になって考えていました。


多様性と勝負という話。

 

f:id:HiroakiKato:20211104083703p:plain

 

ちょっとだけ考えがまとまってきたので記録のために書いておくと、自分が感じているのは「能力主義の違和感」なのだと思います。

というのは何かというと、

勝負に勝てる「能力」も、それを育てる環境も、努力できるかどうかも、全部「たまたま」だと思うからです。

親ガチャというか、運と言うか。

 

身内の例なんですが、自分の母親は今、多くの人に会って冷静に考えてもかなり「賢い」し、「頭の回転が早い」人だと思います。

しかし、「何が成功か」というのを、一旦、給与や学歴とかとすると、ぜんぜん給与も低いですし、学歴もないです。

 

福井の田舎で生まれて、貧乏な家だったのでまんぞくに勉強させてもらう環境もなく、そして、女の子だからと言って満足に希望した高校も受けさせてもらえず、就職につながるからと商業高校に進んで、そして20歳ちょっとで結婚している。

高卒だから就職しても給与は低かったですし、自分が中学か高校のときに母親が某職業になろうとしていたのですが、それは「大学卒業資格」が必要なので、大学に行くところから始めないと・・・と言っていたのを覚えています。

そう言えば、自分の父方のおばあちゃんも、福井のもっと田舎出身で、自分が小学校で「ひらがな」を学ぶときに一緒に「あいうえお」を書いて学んでいて、

それまでもちろん話すことはできるのですが、文字を書けませんでした。

ただ、文字とかは書けなくて、自分よりも書けるようになったのは遅かったけど、(文字が書けるようになって、ひらがなばかりでもらった手紙はうれしかった。)、やはり聡明だったのを覚えています。

 

何が勝ちで、何が負けかということで、自分の母親もおばあちゃんも「幸せ」ではあると思うので、いいと思うのですが、

既存の価値観の勝ち負けっていう、たぶん「給料」や「学歴」とかっていうのは、

本当にたまたま、能力や環境や努力できることが一致した結果なのではないかと思っています。

 

自分も親がちょっと年を取ってからの子どもだったので、逆に言うと、貧乏な家でしたが、子どもがいない期間が長くて貯金がたまったため、そして待ちに待った子どもということで教育にもお金を使ってもらえたので今があると思っています。

 

自分が「多様性」について考えるのは、多くの人が「幸せ」だとやはりいいなと思っているからです。

自分一人しか幸せな人がいなくても楽しくないですし、困っている人は少ない方がいいんじゃないかという単純な理由です。

 

まだまだ現時点での未熟な、粗い考えかもしれないですが、考えの記録として残しておこうと思います。

2022年について考える。今日からリ・スタート。

とても久しぶりの投稿です。

 

Twitterでも短くて書ききれなくて、noteでもそんなちゃんとした文章じゃなくて、

「本当に自分が思っていることをつらつらと書く」ってことを考えたらブログに戻りました。

 

どこかに書き残しておきたいんですよね。自分の粗い気持ちを。

今は40歳になっちゃったんですが、もう10年前のことって写真を見ても同じようには思い出せなくて、

2018年に書いた『医療4.0』も今は書けなくて。

そのときの気持ちってそのときだけなんですよね。

 

このブログには、それこそ一番最初のブログは2017年7月で、

自分が何者でもなくて(今も何者でもないですが)、世間に全く知られていなかったときに書いた文章が残っています。

 

hiroakikato.hatenablog.jp


2017年はちょうど厚生労働省を辞めたときで、

京都府立医科大学から大学に戻ってきたら『学長補佐・特任講師&東京オフィス長』って言われていたのもなくなって、

途方にくれながら、自分の生き方を模索していたときでした。

 

収入も厚労省を辞めたのでゼロ。

臨床医のバイトをすることもできたのですが、それをして生活を安定させると、もう臨床医以外の道には進めない。

一念発起して、「医師としてビジネスで社会を健康にする」道を進むことにしました。

 

とは言っても、どうやって毎月の生活費などお金を稼げばいいのか・・・・

奥さんと2人の子どももいるし、貯金も厚労省のときになくなっていたので、あと100万円くらい。

最初に声をかけてくれたのはMRTとCureAppでした。

 

自分が何ができるかわからないけど、「一緒にやろう」と言ってもらえて、ガムシャラにやりました。

それこそ手も動かしたり電話したり資料を作ったり。


ガムシャラなこのときの日々があるから、今につながっていると思います。

 

そして、2022年。

2021年は新たな年のスタート、そして、2022年はいよいよ新たな時代の幕開けの年だと思っています。


今まで自分が蓄えてきたことを、一つの結果として社会に届けたい。


おそらく2023年は不況になって、2024年には海外に目を向けて、

2025年からは再び新しい時代が始まると思っています。

 

そんな未来、そんな2022年に向けて、2021年の残り2カ月は精一杯準備をしようと思います。


人生の中で今日が一番若い日。

 

始めるのはいつからでも遅くはないと思っています。

 

今日からリ・スタート。

日経ムックでのインタビューが出版されました!

日経新聞社の日経MOOK『医学部受験を考えたらまず読む本』
で受けたインタビューが出版されました!!

f:id:HiroakiKato:20211104102053p:plain

インタビューでは自分が今までやってきた経験や、そのときに考えてきていたことなどを話しています。

もっと医師のキャリアの多様性を訴えていきたいと思っていて、
医師の役割は医師法1条の解釈で「社会を健康にすること」だと思っているので、
臨床医や研究医や産業医と同じように、医療機器や医療系のサービスを創る人もすべて ”医師” だと伝えていきたいです!!


◎医学部受験を考えたらまず読む本 2022年版 (日経ムック) 日本経済新聞出版

一橋大学大学院のMBAになりました!

ビジネスやファイナンスの学びを深めていこうと、2019年から一橋大学大学院の経営管理研究科に入学していたのですが、このたび卒業して晴れてMBAを取りました!!

f:id:HiroakiKato:20211104103116p:plain

ここ20年で卒業生が653人のみ、年間で30人ちょっとの「金融戦略・経営財務MBA」の学位で、学位論文審査と最終試験という思いっきりハードな大学院のプログラムを送っていました。

卒業論文のタイトルは
「医療ベンチャーにおける起業家特性が資金調達に及ぼす影響」
です。

今回大学院に行って、金融業界の人だったり、一度どこかのMBAを卒業した人だったり、普段会うことのない将来の金融界や産業界を担うと言われている人と出会いました!

そしてそこで、自分が一番変わったのは意識です。

自分も医療界や産業界を担う人材になるべく、引き続き尽力していきたいと思っています。よろしくお願いいたします!!

日経新聞で連載をすることになりました!

日経新聞で『眼科×デジタルヘルス』の連載をさせてもらうことになり、第1回の記事が公開されました!
第1回は「緑内障の啓発」と「眼底検査×AI」についてです。f:id:HiroakiKato:20211104103551j:plain
これから1ヶ月半に1回くらいのペースで書いていきます!!

貴重な機会を頂いて感謝です!!