2024年、医師の未来を考える

遠隔医療や人工知能など様々なテクノロジーが当たり前になる未来、医療の現場はどのように変わっていて医師はどのようなキャリアや働き方をするのだろう。未来の医療を予測するのでなく「予報」していきたいと思います!

ヘルスケアビジネス研究会 11月募集!

DMMオンラインサロンでやっている「ヘルスケアビジネス研究会」の11月募集を開始しました!

募集期間は1週間で11月7日までです!

 

f:id:HiroakiKato:20171103030024p:image

 https://lounge.dmm.com/detail/504/

 

このサロンは、ヘルスケアビジネスに関わる仲間とともに一緒にヘルスケアビジネスの話題でディスカッションしたり成長したいと思って7月から開始しました!

 

サロン開設のときの自分の熱い想いがサロンのページに載っているので引用します!


なぜ「ヘルスケアビジネス」なのか?というと、
医療って「病院やクリニックでの医療提供」だけで考えられがちですが、
そうではなく、社会を健康にする方法として
今のテクノロジーを使うと「新しい医療の形」があるのではないかと常に考えています。

ただ、ヘルステックやデジタルヘルスと言われる「医療✕テクノロジー」だけではダメだと思っていて
その事業を持続させるためには収益の面で「ビジネス」の視点も必要と考えています。

だから「ヘルスケアビジネス」なんです。

 

サロン内のコンテンツもだんだん出揃ってきて、

①:月1のサロンイベント
②:ヘルスケアビジネスUpDate(制度や医療ベンチャーの最新情報)
③:Healthcare Business Presentation(毎月第1火曜日、霞が関周辺)
④:サロン勉強会(不定期)
⑤:サロン内限定の医療ベンチャー裏話

の5つがこのサロンの特徴だとわかってきました!!

 

あと、今月からサロンの質を高く保つために「入会審査」をすることにしました!

自分の仕事が増えるは増えるのですが、何よりもサロンの「質」を大事に。

質のためにはメンバーや雰囲気が大切。

情報商材などを売ってる人は今回規定も書き換えて「強制退会」できるようにしました!

 

ヘルスケアビジネスに関わる人が集うプラットフォームになればと思っています!!

 

今日1日のスケジュールを公開します!!

今日は志向を変えて、自分の1日の動きを報告してみようと思います!

 

朝にまず、子ども(双子6歳)の幼稚園の送りをしてから、

10:00-10:30 東京(麹町)でミーティング

11:30-13:00 築地でランチミーティング

13:30-14:15 霞が関厚生労働省

15:00-16:00 日本橋で東京都主催「医療の未来」の講演

16:30-19:10(新幹線で大阪に移動)

19:30-22:00 大阪でのイベントに参加

22:00-23:00 別のミーティング

23:00-23:30 (京都に移動)

23:30- 京都で深夜まで打合せ

f:id:HiroakiKato:20171025132527j:image

って感じです。

 

最近、「忙しそう」ってよく言われるんですが、本人としては結構楽しくやっていて、もっと色々な人と会ってみたいというのが本心です!

 

現に、今日の「医療の未来」の講演で、講演の質疑応答の時間に質問をしてくれた医療ベンチャーの代表に質疑応答で答えたあと、「連絡もらえたらランチミーティングしましょう」って返事もしていたら、早速Facebookメッセージで連絡もらって11月頭にランチをすることになりました!

 

なかなか夜の時間は取れないのですが、自分も面白いって思ったり、いいご縁のときはランチミーティングはベンチャーやアカデミアの人と積極的に行ってみようと思っています!!

 

おいしいものも食べたり

忙しいけど、充実した楽しい 日々をしています!!

 f:id:HiroakiKato:20171025132304j:image

f:id:HiroakiKato:20171025132653j:image

DMMヘルスケアビジネスサロンの10月イベント!

今日はDMMのヘルスケアビジネスサロンのイベントで、話題のVALUの小川社長と対談をさせて頂きました!

f:id:HiroakiKato:20171025130014j:image

 

めったに人前に登場しないVALUの小川社長の登壇で、
小川社長が医療・ヘルスケアにあんなにくわしいのは呼んだ自分も想定してなかったくらいでした!!
参加された方はめちゃくちゃ楽しんでもらえたのではないかと思います!

 

小川社長にはリクエストしてないのにヘルスケアのスライドを作ってきてくれて、

ブロックチェーンに関して
ビットコインをベースとしたトークン発行
・クリニックや医療法人のICOの可能性
など、めちゃくちゃ役立つ話で目からウロコが落ちまくりでした!!!

 

来月のサロンイベントも楽しい会になりそうで一番自分が楽しみにしています!!!

デジタルハリウッド大学院でオープンセミナー開催!

今日は自分が企画させてもらったデジタルハリウッド大学大学院のオープンセミナーでした!

感想からいうとここ最近で自分が参加したセミナーで一番よかった!

 

特別講演には

保健医療科学院 主任研究者で、厚生労働省の室長補佐も兼任している吉村先生をお呼びしました!!

f:id:HiroakiKato:20171025124949j:image

吉村先生とは厚生労働省のときに一緒に働いていて、NDBを作った人であり、今回のお願いを快く受けてくださいました。

 

吉村先生の講演の前には、デジハリ教員の五十嵐先生と自分で前座のショートトークも!

 

f:id:HiroakiKato:20171025125150j:image 


自画自賛ってわけではないけど、本当に勉強になってめちゃくちゃよかった!!


これを参加費無料でやるデジハリも太っ腹だと思うし、本当にめちゃくちゃよかったです!!

 

参加の方々もみんな喜んでもらえてすごくうれしいですし、今後もこのようなオープンセミナーやデジハリで行政の方々の話を聞ける機会を企画しようと思っています!!

今の働き方&収入と家族への感謝

今日は朝から働いてはいたのですが、どれも「お金」が発生する仕事ではありませんでした。

 

厚生労働省に呼ばれてミーティングに参加したり、

オープンイノベーションの推進のために作った「日本医療ベンチャー協会(JMVA)」の分科会立ち上げのミーティングをしたり、
所属医局の京都府立医科大学のプロジェクトの準備をしたり。

f:id:HiroakiKato:20171025122034j:image

 

普通、こういう働き方だと、大学の常勤ポストがあってそこから固定給があることが多いのですが、自分は特殊で、

厚生労働省に出向をしたときが「京都府立医科大学の大学院4年生」で学長からの指示で、大学院を休学して厚生労働省に行っていました。

 

厚生労働省の出向期間が終わり、京都府立医科大学に戻ることになっても「大学院4年生」で年度が途中だし今年もすでに1年間休学していたこと、

遠隔診療の話や会議、行政との集まりが東京で多いことなどからそのまま東京に残ることを選択しました。

 

なので、京都府立医科大学の一つの身分は

京都府立医科大学大学院 4年生(休学中)」

なのですが、

厚生労働省に出向してそれではさみしいと

大学から「特任助教」の肩書きをもらっています。

 

ただ、これは肩書きだけで給料は発生してなくて、

そんな間にも東京で色々やってたら

東北大学大学院 非常勤講師

・日本遠隔医療学会 運営委員

・日本遠隔医療学会 遠隔診療分科会長

・日本眼科学会 AI・ビックデータ委員会 委員

・日本医療ベンチャー協会  理事

などなどをやることになり、

デジタルハリウッド大学大学院 デジタルヘルスラボ 客員教授

にもならせてもらって、

かたや京都府立医科大学で休学中の大学院生をやりながら、

デジタルハリウッド大学大学院では15人くらいのゼミ生にデジタルヘルスを教えてるというなんともわかりにくいキャリアになってしまった感じです。

 

上に書いた仕事たちは、唯一デジハリで授業をしたらちょっと講義料は入るかもなのですが、大学で講義したことある人はわかるように数千円で、その他は基本無報酬です。

 

この話をすると、「どうやって収入を得て生活をしているの?」って聞かれますが、

今は眼科医のバイトと遠隔診療とかの講演をしたときの講演料が自分の主な収入です。

 

それでも厚生労働省に出向したときの、手取り38万円前後よりはあるので、まだましかなぁ。

本当に国家公務員の方々は時給になおすと、とても低いお金で日本のために深夜まで頑張られてます。

 

まっ、遠隔診療や人工知能って2025年くらいには「当たり前」になってるので、厚生労働省経済産業省内閣府とかに呼ばれてミーティングできるのも貴重な経験で今だけだと思ってますから楽しいですね!

何より「日本のため」って思ってやれてるし、呼ばれているのは本当にありがたいです。

 

こんな日は、普通の医者と結婚してたらもっとお金がある生活ができたはずだし、深夜まで打合せとかで帰るのが遅い自分に対して文句なくついてきてくれる家族に感謝です。

遠隔診療や医療ベンチャー分析でエキスパートに選出!!

株式会社ミーミルが提供している「EXPERT RESEARCH」のヘルスケア分野でエキスパートに選出されました!

 

f:id:HiroakiKato:20171025120804j:image

https://www.uzabase.com/company/news/mimir-expert-research/

 ユーザベースグループの株式会社ミーミルは、10月16日、新規事業やサービス設計のためのユーザー調査、市場調査を支援する、「エキスパートリサーチ」サービスの開始を発表いたしました。
「エキスパートリサーチ」は、M&Aや新規事業、その他情報獲得が必要になるビジネス上の局面について、業界の最高峰のエキスパート、一線級のプロフェッショナルにインタビューができるサービスです。様々な意思決定において、外部の知見者のインテリジェンスを活用することができます。

 

「 遠隔医療」とデジタルハリウッド大学での「デジタルヘルス」に加えて、今まで本当に自分の趣味としてやってた「医療ベンチャー分析」までエキスパートの認定をしてもらえました!!

 

引き続きこの分野で精進しようと思っています!!!

メディックメディアで医師国試講座を担当!!

メディックメディアという医学生向け書籍を作っている出版社で、医師国家試験の眼科の冬季講座を担当させてもらうことになりました!!

 

f:id:HiroakiKato:20171017011418j:image

自分は元々、大学卒業後の臨床研修医のときから、原稿依頼をもらった時は医師国家試験模試の問題を作ったり、医師国家試験対策の書籍を作ったりしていました!

 

臨床研修医が終わると、予備校講師もするようになって、実は最初は自分が大学のとき眼科と同じくらい好きだった「耳鼻科」を教えたりしてました!

 

眼科のことを教えると、あれもこれもと多くなったり、難しい話をしすぎちゃったりで。

それなので、最初は眼科となりました。

 

耳鼻科の講座はしてみたら評判がよく、眼科もやってほしいという声が大きくて、眼科の講座もやることができるようになりました!!

 

自分は去年、厚生労働省に出向するまで約10年間医師国家試験予備校業界に関わっていました。

厚労省では副業はダメなので、自分の医師国家試験との関わりは終了と思っていました。

 

まさか厚生労働省から戻ってきて、また医師国家試験対策に関われるとは!!

 

面白くて受験生のタメになる冬季講座を絶賛作成中なので、楽しみにしていて下さい!!