医療の未来を考える ~加藤浩晃の医療未来予報~

未来の医療はどうになっていくのか、そして医師の未来はどうなるのか。AIやIoTなどの第4次産業革命のテクノロジーによって医療現場は『医療4.0』として大きく変わります。加藤浩晃が未来に向けて考えていることを書くブログです。

自分が種をまいた「医療系ベンチャー支援育成プログラム」が続いています!!

今日はめちゃくちゃうれしいってだけの内容です。

AMEDの公開資料をたまたま見ていたら、自分が厚生労働省にいたときに政策として作った「医療系ベンチャー育成支援プログラム」(画像の左下)が、平成31年も継続になっていましたた!!

これは自分の当初に出した政策案では、「病院内ベンチャーを作る」だったものが、各所と話を進めていく中で(大変でした)、ベンチャー支援の文脈と相まって、ベンチャー支援という形になりました。


自分が厚生労働省にいたときに作ったものがこうやって残っているのは、めちゃくちゃうれしい!!

この事業の対象となっている臨床研究中核病院の千葉大学病院の客員准教授にも2月に就任したので、医療系ベンチャー支援に尽力していきたいと思っています!!